沖縄で薬剤師の派遣をするなら 〜ウチナー対応の会社をPICK UP〜

青くて美しい沖縄のようなリゾートでゆっくり過ごせたらな・・・そんなことを少しでも想い描いてしまった人にぜひ読んでいただきたい記事です。

  • 派遣』で沖縄へ行ってみたい薬剤師
  • 現在沖縄に住んでいて『派遣』で働いてみたいと考えている薬剤師
  • 沖縄にいつか住めたらなぁと思う薬剤師

派遣会社を選ぶ上で注意しなければならないことどの派遣会社が『沖縄』の派遣に対応でき、最良のサポートをしてくれるのかをご紹介します。

*既に沖縄に在住の方は、時間短縮のため「沖縄県へ薬剤師派遣をしている会社はどこか」からお読みください。

薬剤師、なぜ沖縄へ行かないのか

沖縄へ行きを決めるならこのページを開いた今

一度でも、「沖縄で暮らしたいな」と思ったことがある人って実は結構いたりします。

でも、そのほとんどの人は、何かしらの理由をつけて、「実際に沖縄で暮らすのは難しいよね」「旅行でいければいいよね」と沖縄への気持ちを心の何処かへしまいこんでしまったのではないでしょうか。

人生一度きり。社会人って学生時代よりものすごく自由ではないですか?

何より、もうどこでも働ける自信ありませんか?薬剤師ちょっと飽きていませんか?

 

薬剤師以外の一般企業に勤めている人が沖縄に移住するのは、仕事の面を考えると少しハードルが高く感じてしまいます。

しかし、薬剤師という国家資格を持つ我々は、沖縄で仕事が見つからないということはありません。

私のいる薬局では中途で調剤未経験でも、50,60代のシニア世代の薬剤師でも大歓迎です。

自由になりましょう!

沖縄県は薬剤師の皆さんをお待ちしています。

↓  沖縄の薬剤師界隈を知りたい場合はこちらの記事も参考にしてください。↓  

沖縄のウチナー薬剤師 〜生活・転職など知りたい情報すべて〜

2018.10.01

 

沖縄で働くのが不安なら『派遣』から始めるといい

「仕事で少しなら行ってもいいけど、沖縄にずっと住むのはちょっと・・・」

「沖縄に友達一人もいないしな・・・」

そんな行くか行かないかの瀬戸際で悩んでいる人は、まずは『派遣』で沖縄へ行ってみませんか?

↓  薬剤師派遣については以下の関連記事でご紹介しています。↓  

薬剤師の派遣って一体何?派遣会社に登録する前に知るべきこと

2018.06.01

実際に派遣で働いたことのある人ならご存知だと思いますが、基本的に31日以上の勤務が可能であれば派遣薬剤師として調剤薬局や調剤併設ドラッグストアー、(条件さえ合えば)病院などで勤務することが可能です。

すなわち、決められた期間の間、沖縄お試しキャンペーンのように沖縄に住み、そして働くことができるんです。もしその派遣期間中に、沖縄の魅力に取り憑かれてしまったら派遣期間を延長し、やっぱ合わないな〜と思ったら帰ればいいだけです。

 

沖縄は冬も温暖で、夏は都心のように熱がこもることはありません。最高に過ごしやすいところです。

しかも、派遣なら給与はいいし、うまく交渉できれば、社宅や社用車も付いてきます!

ちなみに今回の記事を担当している私は、薬剤師の派遣で初めて沖縄にきました。実はそれまで沖縄を訪れたことがなかったのですが、今では沖縄生活堂々の3年目です。(2ヶ月間の派遣の予定だったんですけどね笑)

あー東京戻りたくないな〜と思いつつ、今はLCC(低価格航空)がバンバン飛んでいるので、用事があればその都度東京へ帰ってます。(沖縄ー東京(成田)で片道3000円台とかたまにありますよ。)

 

沖縄県へ薬剤師派遣をしている会社はどこか

沖縄の薬剤師派遣は少し特殊なケース

結論から申し上げると、沖縄県の薬局・病院向けに『派遣』を扱っている薬剤師紹介会社は一応あります。

ただし、「取り扱っている」としているだけで、実際には多くの派遣会社で稼働していないのがほとんど。

今回、以下の関連記事でご紹介している薬剤師紹介会社から、「派遣」を行なっている企業を抽出し、その中から沖縄県へ薬剤師の派遣実態を調査しました。

薬剤師転職支援・派遣会社 全71求人サイト一覧と特徴【全国2019年版】

2018.05.17

 

沖縄県へ派遣を行なっている薬剤師派遣会社の運営サイト

 

薬剤師転職ドットコム、ファルマスタッフ、アプロ・ドットコム、薬キャリエージェント、ヤクジョブ、CME@薬剤師転職、お仕事ラボ、ファル・メイト、アポプラスメディカルジョブ、メディプラ薬剤師転職、転職ゴリ薬、求人ER、エクスファルマ、メディカルプラン、ヤクジョ、MC-ファーマネット、ファゲット、薬活.com、レイケアセンター、アクセサライズキャリア薬剤師、日研メディカルケア薬剤師、ウィングメディカル九州、薬スタ、meets career.net、ブレイブ、薬剤師WORKER、ファーマプレミアム、薬剤師アシスト、薬剤師コム、ファーマリンク、キャリアコンセルジュ、MCS、メディケアキャリア、ツナガリキャリア薬剤師 etc.  (順不同)

 

上記のように全国様々な紹介会社が薬剤師派遣を行っているのですが、全ての薬剤師紹介会社・派遣会社が「沖縄への派遣」に精通しているわけではありません

沖縄への薬剤師派遣はただの派遣とは異なります。

派遣先の薬局とのやり取りはもちろんのこと、交通費(航空券など)宿泊施設(社宅・ホテル)引っ越し費用(内地の引っ越し費用とは1桁も違います)現地使用車の有無など、沖縄への薬剤師の派遣は内地のそれとは全く異なります。

*内地:北海道、本州、四国、九州のこと。沖縄ではそのように言い分けています。

そもそも、沖縄に派遣で行く薬剤師の母数が違います。やはり一般的に沖縄へ派遣で行く人は少ない。

 

そのようなことをも踏まえて、派遣会社は経験豊富で、交渉スキルも高く、サポート力の優れた、何より沖縄の薬局に詳しい派遣会社を選ぶ必要があります。

 

一般的に、大手の薬剤師紹介会社・派遣会社は保有している求人も多く、人材集めのために投資する広告費も多い。そのため沖縄へ派遣している薬剤師も多い。したがって大手派遣会社は他社と比較し実績が豊富です。

ただし、注意して欲しいのが、それら大手派遣会社の中で、ただ単に公開している沖縄の派遣求人が多い派遣会社を選べばいいのかというと、これは正解ではありません。

 

求人サイト上にある募集はあってないようなもの

薬局にもよりますが、多くの調剤薬局は「ハローワーク」と「薬剤師紹介会社」のそれぞれに求人の募集を出すことが多い。

知名度や広告費用からにして当然ですが、この薬剤師紹介会社のほとんどは“大手”と呼ばれる紹介会社です

また、もし仮に他社が保有する求人が自社になかったとしても、それは問題ありません。

なぜなら、沖縄県内には薬局数が550店舗程度(平成31年4月現在)しかないので、沖縄に精通する紹介会社であれば、基本データが少しあれば、他社サイトにあるこの求人はどの薬局のものかを簡単に予測することができます。(おそらく、当編集部が最速だと思いますが笑)

 

言い換えれば、紹介会社他社からも丸見えの求人サイトになっているということは、すでに募集が終わっている求人が掲載されているということもザラにあります。というより、大部分は募集していない薬局が掲載されていると思ってください。

自社に掲載していた求人を他の紹介会社が紹介したり、募集元の薬局が求人の取り下げをしていなかったりと、募集が終了しているのに掲載されたままになっている理由はいくつかありますが、要するに、薬剤師紹介会社が運営する求人検索に掲載されている求人は募集されているものと、されていないものが混在しており、確定情報とはなりません

あくまで参考であり、最終的にはマンパワーで募集状況を薬局側に1つ1つ確認するしか方法はありません。

したがって、派遣会社を選ぶには沖縄をよく知っており、派遣の実績多数、交渉スキルを上げるため社員教育がしっかりされている派遣会社を選ぶ必要があります。

 

沖縄県で派遣薬剤師する際にオススメ4つの派遣会社・求人サイト

これまで説明してきた理由を考慮し、沖縄への派遣実績のある薬剤師紹介会社・派遣会社をご紹介します。

もちろん、その他にも素晴らしい会社はあるとは思いますが、やはり沖縄へ派遣ということを踏まえるとどうしても規模、実績などを考慮した方が間違いないです

薬剤師転職ドットコム(株式会社メディウェル)

「薬剤師転職ドットコム」はアインホールディングスグループの株式会社メディウェルが運営。

現在、同グループであるアインファーマシーズは沖縄県内に「アイン薬局」という名称で10店舗運営しており、その他にもアインが関わる店舗もいくつかあるようです。

すなわち、アイングループは沖縄で店舗展開する上で、他社薬局の情報も知り得ているので、より多くの求人を紹介してもらえるポテンシャルがあります。

薬剤師転職ドットコムは薬剤師紹介事業としては20年以上運営していますが、派遣事業を始めてまだ日は浅く、運営する求人サイト上に沖縄の派遣求人はほとんどありません。しかし、実際の求人はほとんどが非公開で出回っているので、もともとの情報量と実績から高時給で派遣された評判が急速に増えて来ています。

 

「評判」「情報力」を重視する方には薬剤師転職ドットコムをオススメ!

 

 

ファルマスタッフ(株式会社メディカルリソース)

「ファルマスタッフ」は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営。当社は優良派遣事業者認定制度「優良派遣事業者」認定企業となっています。

ファルマスタッフのオフィスは全国に12箇所あり、各薬局の情報のアップデートに努めています。

派福利厚生やコンサルタントのサービスが非常に充実しており大変評判の良い派遣会社なのですが、その分マージン率が派遣会社他社と比較して高く、少しでも多く稼ぎたい薬剤師には強くオススメしません。ただ、薬局との交渉で高い時給を確保してもらえるなら問題ないと思われます。

 

「手厚い福利厚生」「サポート体制」を重視する方にはファルマスタッフをオススメ!

 

*マージン率:派遣料金から派遣労働者の賃金を除いた金額の割合を示したもの。マージン率 = (派遣料金の平均額 – 派遣労働者の賃金の平均額 )/ 派遣料金の平均額

 

アプロ・ドットコム(株式会社アプロ・ドットコム)

派遣といえばアプロとも言われるほど、アプロを使って派遣に行く人が多く、その分、沖縄派遣へのノウハウも蓄積しています。当然アプロも優良派遣事業者認定制度「優良派遣事業者」認定企業です。

アプロドットコムは31日以上勤務の通常の派遣の他に、1日からできる単発派遣というものも扱っています。沖縄県内で単発の募集が出ることは非常に稀ですが、今後、内地で単発派遣をする機会がありそうなら、まずはアプロに登録してみるのもいいかもしれません。

 

「派遣実績」「交渉力」を重視する方にはアプロ・ドットコムをオススメ!

 

 

ファル・メイト(株式会社ファル・メイト)

大手ではないのですが、最後に紹介したいのが、ファル・メイトです。

ファルメイトでは派遣のマージンを減らすことで、働く薬剤師の時給を高く提供するよう努めています。

運営する求人サイトでは、少し沖縄の求人を検索し難い仕様ですが、実際は沖縄も多く扱っており、実績も十分です。親しみやすいコンサルタントが多いと評判なので、当編集部でもオススメしている薬剤師紹介・派遣会社の一つです。

 

「給料」を重視する方にはファル・メイトをオススメ!

 

最後に 〜行かない後悔より、行った後悔〜

このまま一度も沖縄で暮らさずに薬剤師人生を終えるなんて非常にもったいないです。

興味がないならまだしも、少しでも興味を持ったことがあるのであれば、検討しても良いのではないでしょうか。

まだまだ薬剤師人生は長いはずです。

まずは転職期間の2ヶ月間など期間を設けて、沖縄に行ってみてはいかがでしょうか。

美しく、楽しい沖縄で薬剤師の皆さんをお待ちしています!

 

↓ ↓  当記事でご紹介した薬剤師派遣会社はこちらよりご登録が可能です ↓ ↓

当記事でご紹介した薬剤師派遣会社
薬剤師転職ドットコム
調剤薬局最大手 アインホールディングスグループ
医療機関・薬局との太いパイプ
利用者満足度95.8%のサービスを提供
正社員 パート 派遣
ファルマスタッフ
調剤薬局大手 日本調剤グループ        
全国にオフィスを展開
派遣薬剤師に対する手厚い福利厚生
正社員 パート 派遣
アプロ・ドットコム
薬剤師紹介業運営 20年以上の老舗        
1日からの単発派遣案件も豊富
ご利用者満足度96.4%高額案件も豊富
正社員 パート 派遣
ファル・メイト
派遣薬剤師に強い
1日からの単発派遣も豊富
派遣なら最低時給2,800円以上+交通費を実現
  
正社員 パート 派遣

離島の素晴らしさを全国へ