その口コミは本当に正しい?おすすめの薬剤師転職支援会社は

以前の記事で、薬剤師の転職活動は、転職支援会社のキャリアコンサルタントとともに行うのが良いというのを紹介させていただきました。

しかし、数多く存在する転職支援会社の中から、「どの転職支援会社を利用すべきなのか」と非常に悩まされるところと思います。

そうなると、おそらく転職希望する薬剤師の皆さんははインターネットで「薬剤師」「転職支援会社」「口コミ」「評判」「ランキング」「比較」などのキーワード打ち込み、どの転職支援サービスを利用すべきなのか情報収集を行うと思います。

これらは一般的な流れですが、インターネット上には、薬剤師の感想とは思えない胡散臭い評判や口コミが大半を占めており、非常に信ぴょう性が低いものばかりです。内容はさておき、腕利きの良いweb エンジニアや外注ライターらが作成しているため、検索エンジンの上位にきてしまう仕組みになっているのです。(以前、大手IT企業が運営する健康情報サイトの記事が、知識が足らずの外注ライターが作成していたことが発覚し、サイトを閉鎖するということがありました。)

つまり、多くのサイトの情報は現場で働く薬剤師の「生」の情報ではなく、人を信用させるような内容を盛り込んでいるにすぎません。

本当に良い情報は、google やyahoo など検索エンジンの上位に上がらずに、ものすごく後ろのページに眠っていることがあります。または、医療従事者情報サイトである「M3.com」の薬剤師掲示板など薬剤師でなければ見ることのできないところに生の情報は存在します

そこで、

当編集部は、google やyahoo などの検索エンジンの奥深くに眠っている情報や、薬剤師でなければ見ることのできない掲示板、Facebook の薬剤師コミュニティ、2ch 、twitter から優良な情報を収集。さらに、実際に転職支援サービスを利用し、キャリアコンサルタントのサポートを受けたことのある薬剤師の経験をもとに、いくつかの評判の良い転職支援サービスをご紹介します。

転職支援サービスを選ぶ参考にしていただけたら幸いです。

 

薬剤師の口コミを独自調査
薬剤師転職にオススメする転職支援会社はこの4社

この記事ではオススメ度合いをあえてランキング化しておりません。良い転職支援会社はいずれも素晴らしい会社ですし、あくまで独自調査した結果であるので順位をつけることはできません。一方、当編集部内の薬剤師で評判が悪かったり、悪い口コミが多い転職支援会社は当サイトでは登場しません。

なお、当編集部が現役薬剤師の口コミ評判を直接収集し、数値化した『薬剤師求人(転職・紹介)サイトの人気ランキング』も合わせてご覧ください。

現役薬剤師の口コミ評判で選んだ薬剤師求人(転職・紹介)サイト人気ランキング

2018.08.04

日本最大医療メディアのエムスリーグループ運営
薬キャリ × 薬キャリAGENT

キャリ」は薬剤師のための薬剤師求人サイトです。勤務地や業種、雇用形態による求人検索にとどまらず、薬剤師の転職支援を専門とするコンサルタントが様々なテーマにそった求人特集や、転職に役立つノウハウや業界動向を発信しています。

とりあえず薬キャリに登録しさえすれば、転職や医療動向に関して困ることはないと評判の転職支援サイトがこの『薬キャリ』。薬キャリは東証一部上場企業のエムスリー株式会社の連結子会社エムスリーキャリアが運営しており、資金力が豊富で経営が大変安定しています。もともと医師向け医療コンテンツ「MR君」で成長してきた企業で、最新の医療情報が配信される 「m3.com」 は、同じ医療情報サイト「Care Net 」などとともに、すでに現役薬剤師の皆さんは利用されているのではないでしょうか。

実際に薬キャリを利用して転職された薬剤師の評判は、「病院や薬局製薬会社業界をキャリアコンサルタントがしっかり熟知している」「金額交渉を積極的に行なってくれて、思ったより好条件で転職することができた」「レスポンスがとても早い」といった声や、「電話の対応からして他の転職支援会社と違う」という方もいました。

ちなみに、調剤薬局で勤務する当編集部スタッフはエムスリー(薬キャリ)からの電話問い合わせが同業他社と比較して圧倒的に多く、その対応も良好と言います。薬キャリの圧倒的な認知度とキャリアコンサルタントの日々の一生懸命さが伝わってきます。

薬キャリに登録すると、薬剤師登録者数No.1 を誇る「薬キャリAGENT」をはじめ、薬キャリが提携するコンサルタント企業が保有する多く求人を紹介してもらうことが可能です。今すぐ転職を考えていなくてもとりあえず登録すべきサイトと言えるでしょう。

調剤薬局大手の日本調剤グループが運営
ファルマスタッッフ


サイトやブログ内でも取り上げられることの多いファルマスタッフですが、実際に、当編集部スタッフの間でも大変評判の良い会社です。

ァルマスタッフは調剤薬局最大手の日本調剤グループである株式会社メディカルリソースが運営しており、実際に働く薬剤師の考え・気持ちをどこよりも理解しています(これは当たり前のようですが、非常に重要です)。薬剤師の人材紹介業としての歴史も古く、すでに17年の歴史があります。長年の実績があることから、募集元の薬局からの信頼も厚いです。

また、他の人材紹介会社においても言えることですが、ファルマスタッフのキャリアコンサルタントは実際に各薬局に訪問して現場を確認しているため、「職場環境」や転職者希望者の最も気になる「人間関係」などの情報も事前に把握しています。これは薬剤師専任キャリアコンサルタントを80人以上も保有する最大手だから成せる技ではないでしょうか。

現在、ファルマスタッフのwebサイトは大幅に改修され、求人検索機能は大幅に改善されました。47,314件の求人が掲載されています(平成30年4月7日現在)。すでに募集が終わった求人は削除するよう努めており、求人を探しやすくなりました。

しかし、常に薬剤師の募集と転職は日々続いているので、正確な求人状況に関しては、ファルマスタッフのキャリアコンサルタントに直接問い合わせてみると良いでしょう。もしかしたら、さらに条件の良い非公開の求人を紹介してもらえるかもしれません。

ファルマスタッフは派遣就業先への派遣中や正社員やパート転職成功後のサポートも手厚いと薬剤師の中で非常に評判です。担当のキャリアコンサルタントは定期的に転職者や派遣薬剤師と話す機会を設けて「いま現在困っていること」「今後のキャリプラン」などの相談に乗ってくれます。なかには、ランチをしながら行っている人もいました。ときどき他社でも同様なサポートがあると聞きますが、何より丁寧なファルマスタッフの良い印象が強いようですね。

 

人材紹介最大手リクルートグループ運営
リクナビ薬剤師

クナビ薬剤師は株式会社リクルートホールディングスのグループ会社である株式会社リクルートメディカルキャリア社が運営しています。「リクナビ」と言えば求人広告や人材紹介業界の最大手企業であり、新卒の就活時に利用した経験があるのではないでしょうか。

親会社であるリクルートは一般企業向けの最大手人材紹介企業であることから、薬剤師の評判では、頭のキレる優秀なキャリアコンサルタントが多いなといった印象です。登録後の電話の段階からの対応がよく、無駄がなく、提案力も高い、しかも的確

さらに人材紹介会社の先駆けとしての長い歴史と蓄積された転職紹介の経験により、転職希望者の転職スケジュールや自己分析、履歴書の書き方など、好条件での転職を成功させるためのアドバイスがたくさん用意されています。特に、仕事をしながら転職先を探していた薬剤師の意見で多かったのが、このリクナビ薬剤師のキャリアコンサルタントのスケジュール管理力と提案力です。

このようにリクナビ薬剤師は、普段忙しく、転職活動に時間を割けない在職中の薬剤師の間でとても良い印象の転職支援会社です。

さらに求人検索サイトのデザインや構成、見やすさなどはどれも洗練されています。また、公開求人件数は35,000件と他社大手と比較して多くはないものの、募集企業社名をなるべく公開し、求人情報を頻繁に更新し、募集の終了した企業の掲載は掲載しないように努めています。そういった細かい気配りが、長く信頼され続ける秘訣なのでしょう。

 

近年良好な口コミ評判の多い中小転職支援会社
ファーマキャリア

ァーマキャリアは株式会社エニーキャリアが運営する薬剤師転職サイトです。上で紹介してきた大手の薬剤師転職支援会社とは異なり、会社規模は小さく、保有する公開求人もまだ20000件を越えない程度。

この会社のバナー広告を見て誰もがまず思うことは「オーダーメイド求人って何?」だと思います。

ファーマキャリアが大々的にうたうオーダーメード求人とは「転職者の希望する条件を非常に細かくヒアリングをし、転職者の希望に近くなるようにカスタマイズする」というもののようですが、実際に利用した薬剤師にとってはいまいちこのオーダーメイドっていうのはよくわからなかったと言った口コミも見られました。

ただそれを差し置いて何より、全体的に「コンサルタントのクオリティが高い」「向こうから色々提案してくれて、気づかないことも指摘してくれた」といった良好な口コミ評判が多く、在籍するキャリアコンサルタントの能力の高さが伺えます。

ファーマキャリアは高い利益率を確保するためにコンサルタント1人あたりが担当する薬剤師数を多くしたり、広告費ばかり投じて人にお金をかけない転職支援業界に反発し、コンサルタントの専門性を高く評価し、コンサルタントが主体性を持って転職サポート活動を行う組織作りを目指していると言います。

基本的に大手と違い中小規模の転職支援会社はコンサルタントのスキルの差が出やすいと言われますが、ファーマキャリアに関してはそのばらつきが小さく、中小のメリットでもある親密なサポートが受けれるのも大きなポイントです。

 

《この記事でご紹介した転職支援会社》

公開求人件数

未公開求人

派遣薬剤師

会社規模

薬キャリ

36,885

あり

あり

大手

ファルマスタッフ

47,000

あり

あり

大手

リクナビ薬剤師

46,292

あり

なし

大手

ファーマキャリア

16,000

あり

なし

中小

 

結局、どの転職支援会社を登録すべきなのか?

転職支援会社の選択

れまでより良い転職を行うために、数社の転職支援会社を紹介してきましたが、結局、どの転職支援サービスを利用すべきなのでしょうか。

実は、薬剤師転職支援会社は複数社登録しないと危険

基本的にどの転職支援会社のキャリアコンサルタントも必死に転職希望者のより良い転職先を一緒に探してくれます。確かに、総合して評判の良い転職支援会社は前述した大手の転職支援会社ですが、一番重要なのは担当となるキャリアコンサルタントです。(もちろん、転職希望者ご自身もですが。)

これは転職支援会社を利用したことのある薬剤師全てが口を揃えて言うことです。

最終的には、冒頭でご紹介した転職支援会社を参考に、ご自身で選択することとなります。初めての場合は1, 2社程度でも良いですし、担当となったキャリアコンサルタントが合わないようでしたら3社、4社と検討しても構いません。

転職支援会社のそれぞれのメリットを生かして、最初から多く登録してしまう方もいらっしゃいますが、あまりに登録しすぎると求人の管理で混乱してしまうこともあるようです。転職支援会社を利用した経験のある薬剤師に聞き込みした調査では、はじめは3社程度に登録する方が多いようです。

したがって大手2社+中小1社がベーシックな登録方法と言えます。

ポイント
・転職支援会社は複数社登録する
・標準的な登録方法は大手2社+中小1社の合計3社登録

転職支援会社側も転職希望者が複数社登録していることは当然のこととして理解しているので、担当となったそれぞれのキャリアコンサルタントと特に気まずくなることはありません、むしろ他社より良い条件で入社させてあげるために一層努力してくれることでしょう。

職活動を進めていくにあたり、あなたに非常にマッチした素晴らしいキャリアコンサルタントにもし出会えたのなら、最終的に1社に絞っても良いですし、複数社を同時に利用して転職活動を進めても構いません。(ただし、1つの企業に転職支援会社が仲介できるのは1社のみとなります。よくわからない方は、それぞれ登録している転職支援会社にその旨を伝えれば、状況を理解してもらえます。)

 

離島への転職においても複数社登録が必要なのか

離島薬剤師 竹富島

当然ながら離島の医療機関は本土と比較して著しく少なく、医療機関が1件しかない離島もあれば、多くても数十件ほどしかありません。

したがって、多くの転職支援会社のキャリアコンサルタントは、島に存在する全ての医療機関に求人の有無を確認してくれます。(これは以前の記事「知らないと本当に損!離島薬剤師に高年収・高時給・高待遇でなる方法」で紹介させていただきました。転職支援会社を利用するメリットや、転職支援会社利用の転職の流れを丁寧に解説しているのでぜひ参考にしてください。)

電話で各医療機関に求人の有無を問い合わせることは、ちょっとしたやる気さえあれば、どんな能力のキャリアコンサルタントでも可能です。

しかし、求人を行なっている医療機関を把握したところで、そこからの細かい情報の収集力や条件および待遇の交渉力、そして就職内定後の契約書類作成等のフォローなどはキャリアコンサルタントの力量で大きく分かれてきます。

もちろん、大手転職支援会社に登録すれば、能力的にもばらつきのない安定したキャリアコンサルタントが担当してくれることが多いのですが、中小規模の転職支援会社のキャリアコンサルタントが意外とマッチすることも多いです。実際、当編集部の薬剤師も、最終的に中小転職支援会社のキャリアコンサルタントにサポートをお願いしたケースも多いです。

したがって、離島を対象とした転職活動においても複数の転職支援会社を利用した方が、より良い条件や待遇で転職できる可能性が高くなると考えられます。

ポイント
離島の医療機関を対象とした転職活動においても、転職サービスは複数社登録する

 

『この求人のお問い合わせ』に別会社のコンサルタントが記載されている場合

選んではいけない転職支援会社

こちらは知っているようで知らないプチ情報です。

皆さんが求人検索サイトを利用して求人を探している際、目に止まった求人の募集要項の最後に「この求人の問い合わせ」や「このコンサルタントに問い合わせる」と記載されていると思います。しかし、そこに記載されている転職支援会社やコンサルタントをよく知らないことがありませんか?

一般的な流れとして、その「この求人の問い合わせ」に記されている転職支援会社に応募したくなりますが、実は、そこに記された転職支援会社に問い合わせる必要はありません。

皆さんの担当となっている一流のキャリアコンサルタントに「こんな求人があるんですけど紹介してもらえますか?」と聞けばいいのです。

その後、キャリアコンサルタントは自社に同様の求人案件がないか、もしくは直接該当していると思われる企業に問い合わせをして求人の確認をしてくれます。お気に入りのキャリアコンサルタントがいるのであれば、もちろんその方にお願いするのが良いでしょう。それがもし難しいのであれば、記載されていた転職支援会社のキャリアコンサルタントにお願いすればよいのです。

良いキャリアコンサルタントは転職のプロフェッショナルでかつ、皆さんの転職のパートナーとなってくれます。気になったことは、全て相談して最良の転職を成功させてください。

 

《この記事でご紹介した転職支援会社》

公開求人件数

未公開求人

派遣薬剤師

会社規模

薬キャリ

36,885

あり

あり

大手

ファルマスタッフ

47,000

あり

あり

大手

リクナビ薬剤師

46,292

あり

なし

大手

ファーマキャリア

16,000

あり

なし

中小

 

離島の素晴らしさを全国へ