石垣島の離島薬剤師

垣島は薬剤師にとって最も人気の離島の一つです。西表島や波照間島をはじめとする八重山諸島近隣の離島へアクセスしやすく、毎年多くの観光客が日常の疲れを癒しに、もしくは南国ならではのマリンアクティビティを求めて訪れます。

そんな世界の人々を魅了する『石垣島』の魅力や概要、医療機関の情報、薬剤師の年収や待遇をご紹介します。

 

南国の楽園 『石垣島』の魅力

石垣島ってどんなところ?

石垣市


重山諸島の玄関口である石垣島は周囲140キロメートルと沖縄県の中で沖縄本島、西表島に次いで3番目の大きさで、南部の平地と北部の山間地から成り立っています。南部の市街地には人口の大半が集中し、飲食店や商店街があり賑やかですが、ちょっと郊外に出た途端、とびきり美しいサンゴ礁の海や亜熱帯のジャングルが広がっています。

市街地から10分ほど車を走らせた所にあるバンナ公園には、ヤエヤマヒメホタルという日本一小さいホタルが多数生息しており、それらから発する光はとても幻想的で、まるで宇宙空間にいるような錯覚になるといいます。

月の光のない新月の時、石垣の夜空を見上げれば、「こんなに星ってあったのだろうか」と思えるほどの満天の星空が広がり、現地の言葉で「ティンガーラ」と呼ばれる美しい天の川とともに多くの流れ星を見ることができます。

また、石垣島港から高速船で1時間ほどにある波照間島(はてるまじま)は北半球ではなかなか見ることのできない『南十字星』(88星座で最も小さい)を観ることができることで有名ですが、ここ石垣島においても12月〜6月の水平線近くに南十字星を観測できます。

 

すでに薬剤師として社会に出て数年。都会の忙しい毎日にうんざりし、夢のスローライフを考える薬剤師も多いことでしょう。

ここ石垣島は「島時間が存在する」と言われており、日々の時間がゆっくりと流れてゆきます。

いい意味ではのんびり

悪い意味では時間にルーズ

あまりにのんびりしすぎて、時速20〜30キロメートル程度で運転をしている車も多く見かけます。ドライブモードにしているものの、アクセルを踏んでいないのでしょう。

急速に観光地化が進んでいる石垣島ですが、そんなゆっくり島時間は今後も続いていくでしょう。

八重山諸島の島巡り

出典:おきなわ物語 http://www.okinawastory.jp/access/means/7

垣島の魅力と言えば、何と言っても八重山諸島の島巡りの拠点であること。

縁あって石垣島にやってきた薬剤師は、必ずといっていいほど他の八重山諸島の離島にも興味を持ち、旅に出かけます。

石垣港離島ターミナルからは、新城島(パナリ島)や浜島(別名:幻の島)を除く、八重山諸島の各有人島への高速船やフェリーが運行しており、日帰りでで島巡りを楽しむこともできます。(新城島や浜島へはツアー船や現地で知り合った島んちゅの船で行くことができます。)

参考まで、八重山諸島の特色あるいくつかの離島を簡単にご紹介します。

 

東洋のアマゾン『西表島』

薬剤師・西表島

リオモテヤマネコで知られる西表島は東洋のアマゾンとも呼ばれ、島の9割がジャングルで覆われています。石垣島よりやや面積が広いが、人口は2,300人と少ない。ジャングルの中にはカンビレーの滝やマリユデュの滝といった景勝地が点在し、川下流の汽水域にはマングローブ林が広がっています。

さらに西表島の周辺には水牛で海を渡ってアクセスする由布島(写真)や、サンゴのみでできた無人島『バラス島』が存在します。

ちなみにイリオモテヤマネコは現在100頭程度しかおらず、西表島の島人でさえ、その姿を見た者はほとんどいないと言います。島内にはいくつかの診療所がありますが、薬局は存在せず、薬剤師の募集もありません。

 

伝統的な赤瓦の街並み『竹富島』

薬剤師・竹富島

富島は石垣島からもっとも近い島で船で10分ほどで行くことが可能です。集落内には昔ながらの赤瓦の街並みが残り、観光用の水牛車がのんびりと歩いています。八重山諸島屈指の美しさを誇る白砂のビーチがあり、星の形をした砂「星の砂」がたくさん取れることでも有名な島です。

島内には360人ほどの人々が暮らしており、医療施設は町立竹富診療所(内科)がありますが、薬剤師の募集はありません。

 

人より牛が多いハート形の島『黒島』

薬剤師・黒島

島は楽天トラベル「人気急上昇の離島ランキング2017」で第1位となった近年ではもっともホットな離島です。

の数が人口をはるかに上回るほど畜産が盛んで(人口の10倍以上)、牧場では牛がのんびりと草を食べている光景がみられます。

砂浜にはウミガメが産卵に訪れることでも知られており、島内にはウミガメの研究所が存在し、多くのウミガメを飼育しています。希望があれば、ウミガメの餌やりを体験することもできます。

人口は200人ほどで、島の面積は10平方キロメートル(ディズニーリゾート5個分)で自転車で島一周回ることができます。ちなみに黒島には医療施設は黒島診療所(内科)のみで薬剤師の募集はありません。

 

NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台『小浜島』

薬剤師・小浜島

垣島から船で西に25分ほど進んだところに周囲17キロメートルほどの小さな島があります。八重山諸島を訪れた旅行者が、旅程の1日をのんびりと過ごすためにこの島に訪れることが多いようです。島内は自転車で回れるほどの大きさで、サトウキビ畑の間のシュガーロードや島西端の細崎の海沿いを駆け抜けるのは非常に気持ちが良いです。

小浜島には730人程の人々が暮らしており、沖縄県立八重山病院附属の小浜診療所がありますが、薬剤師の募集はありません。

 

星が綺麗な日本最南端の有人島『波照間島』

薬剤師・波照間島

照間島は有人島のなかで日本最南端に位置しています。

島の南端は人工の光がほとんどなく、満天の星空を見る最高の場所と言われています。

変化に富んだ海岸線が特徴的で、八重山屈指の美しいビーチと断崖絶壁の紺壁の海が広がっており、八重山諸島で活動している離島薬剤師の話では、「日本でいくつもの離島を見てきたが、ここ波照間島の海がもっとも美しく、これを超える海はないだろう」といいます。

石垣島ー波照間島間の船は天候により欠航することも多く、小旅行で行くには少し運が必要です。

人口は500人ほどで、波照間診療所と歯科診療所が存在しますが、薬局は存在しません。

石垣島での生活環境

1970年代に減少傾向にあった石垣島は、2000年代からの離島ブームに伴い、人口が増加しています。毎年数千人の移住者がおり、2000年には43,300人であった人口は、2017年には49,000人となっています。

石垣島(とその周辺離島)の総人口の推移 (出典: 総務省国勢調査)

しかし、何となく島へやってきた内地出身の若者は、沖縄県の賃金水準の低さと離島の物価の高さの影響もあり、3年以内に内地へと帰っていくことが多いようです。(薬剤師は島の中でかなり高給な職業なので生活環境に影響はありません。)

余談ですが、沖縄県の出生率は全国でもっとも多いのですが、その中でも石垣島はトップクラスで、子供が非常に多いです。

一方、沖縄県の離婚率はなんと全国ワースト1位。その中でも石垣市はトップです。女性がいう離婚の理由は、「亭主が不甲斐ない」「だらしない」とのことで、逆に男性からみた離婚の理由は女性の「浮気・不倫」が原因のようです。こんなところにも離島の自由さがあるようですね(笑)。

また、石垣島の不動産事情ですが、人口の急激な増加にアパート・マンションの建設が追いついておりません。ある調査会社の調べによると、石垣島はマンション入居率が全国1位でおよそ99%(2位は宮古島)。ただし、3月末の引越しシーズンになると、学校の先生などの公務員の転勤に伴い空室が一気に出てくるので、気にしすぎる必要はありません。

参考までに、市街地にある築浅の鉄筋コンクリートの物件の家賃は1K〜1DKの間取りで4〜5万円/月、2DK〜2LDKの間取りで6〜8万円/月程度が相場となっています。また、wi-fi や駐車場が無料で付属されていることも多く、沖縄本島と同様に、ガス乾燥機も完備されていることもあります。

コンビニエンスストアはファミリーマートが石垣市内に17店舗ほどあり、何かと便利な100円均一(DAISO) や日用品が一通り揃うマックスバリュー(イオン系)なども複数店舗存在します。

また、宮古島にはすでにあるドン・キホーテは現在石垣島には存在しませんが、近くに建設されるだろうとの噂が石垣島内のコミュニティでささやかれております。

石垣市内部では都市化がやや進んできましたが、郊外部は未だ手付かずの自然が多く残されております。便利な都心から、急に何もない田舎へ引っ越すのは、、、というような抵抗がある方でも、ちょうど良い、入りやすい環境であると思われます。

石垣島へのアクセス

石垣島 薬剤師 アクセス

垣島への交通アクセスですが、石垣空港からは、東京の羽田空港や関西国際空港、中部セントレア空港、福岡空港、那覇空港への直行便が全日空(ANA)より運航されています。その他、宮古空港、与那国空港、台北(桃園)空港や香港空港へ、LCC(格安航空会社)やその他航空会社からも運航されています。

また、空港から市内へのアクセスですが、石垣空港から路線バスがおよそ15分間隔で運行しており、所要時間もわずか30〜40分程度で、料金は500〜540円程度です。

なお、石垣空港ー香港空港間にはLCC(格安航空会社)である香港エクスプレス航空が運航されているため、香港を経由することにより、非常に安価に海外旅行することも可能です。海外の格安航空会社はプロモーションセールの価格が飛び抜けて安く、石垣ー香港間(香港エクスプレス航空利用)で驚きの片道500円以下で売り出すこともあります。

石垣島の医療機関(病院・薬局 etc.)

石垣島の病院と薬局

垣島には現在 27の病院・診療所、18の歯科医院、21の調剤薬局があります。

その中には、350床で23の診療科目を引き受ける沖縄県立八重山病院(外部リンク)や徳洲会八重山病院などの大型の医療施設もあります。

昭和24年に設立された県立八重山病院は八重山諸島で唯一総合的な診療ができる地域中核病院であり、石垣周辺の小浜島、波照間島そして西表島の東部と西部の4ヶ所の付属診療所と与那国島の与那国町立診療所の後方支援も行なっています。

現在、県立八重山病院は施設の老朽化および石垣市人口の増加に伴い、旧石垣空港跡地へ移転工事中です。平成30年に新たに開院する予定で、敷地面積は現在の1.6倍へ拡大し、新たに歯科口腔外科が開設される予定です。

新県立八重山病院の周辺は公有地であるため、新しい薬局の開設の予定は現在のところありません。しかし、多くの大手チェーン薬局や石垣に根付いている個人薬局は虎視眈々とその周辺地域での開局を狙っているため、もし開局の目処が立つのであれば、今後、薬剤師の求人が多く入ると思われます。

もし、新八重山病院前の門前薬局で働くことを望むなら、自身で常に薬剤師求人のアンテナを張っておくか、薬剤師就職支援サービス等に登録し、求人が入り次第、担当のキャリアコンサルタントから情報を提供してもらえるようにすれば良いでしょう。

参考までに、現在の県立八重山病院の門前薬局は「調剤薬局やえやま」と株式会社アインファーマシーズ運営の「上地薬局いしがき店」で、少し離れたところに「ココ薬局」があります。

なお、石垣市の人口は毎年増加しているため、それに伴い、患者も増加傾向にあります。

さらに、「田舎は高齢者が多い」というイメージが先行しがちですが、先ほど申し上げたように、石垣島の出生率は全国トップクラスに高いです。また、大学卒業後のUターン島人や内地からの移住者が非常に多い離島のため、比較的若い世代が多く、さらに石垣島に訪れる内地からの観光客は島特有の温暖多湿の環境に慣れず体調を崩すことが多いため、耳鼻咽喉科や内科、小児科はいつも賑わいをみせています。

門前に病院やクリニックが存在しない薬局は主に一般用医薬品や化粧品などをメインに業務を行なっています。

石垣島の保険調剤薬局
佐久間薬局

新川薬局

幸地薬局

有限会社 調剤薬局やえやま
門前:県立八重山病院

上地薬局 いしがき店
門前:県立八重山病院

はと薬局

中央薬局

ティーダ薬局
門前:にいむら内科胃腸科クリニック

ココ薬局
近隣:県立八重山病院

むるぶし薬局
門前:やいま中央クリニック

なみき薬局
門前:よしもとこどもクリニック

こすも薬局
門前:宮良内科胃腸科医院

ここなつ薬局
門前:よなは医院

幸地薬局 新川店
門前:てるや内科胃腸科

新高薬局

あらや薬局
門前:下地脳神経外科

とのしろ薬局
門前:仲間内科クリニック

みどり薬局
門前:くろしま整形外科

アイン薬局 石垣店
門前:愛島(アイランド)クリニック、ヒデ整形クリニック、ひとし眼科

マリーナ薬局 新川店
門前:下地第2脳神経外科

美ら島薬局
門前:とみやま耳鼻咽喉科

九州厚生局のデータを参照にしています(平成29年10月1日)

▶︎ 現在の石垣島の公開薬剤師求人はこちらからご覧頂けます

 

石垣島の患者について

石垣島の患者像を知るために、石垣島を拠点に勤務されている離島薬剤師の方に患者の印象を聞いてみました。(複数回答抜粋)

  • いくら石垣島が移住者が多いと言っても、石垣島出身者が患者の大半を占めています。都心と比較して神経質な人は少なくクレームはあまり聞きませんが、こちらが挨拶をしても挨拶を返してくれなかったり、基本的な礼儀が悪い人が多い気がします。(30代男性)
  • シャイな人が多い島民性のせいか、投薬中あまり話が盛り上がりません。薬剤師としてコミュニケーション力をもう少し磨かないといけませんね。
  • 観光客も時々訪れます。なんだか観光地で働いているんだなあとしみじみ思います。(30代女性)
  • 聞いたこともない苗字が多い。ふりがながなければ絶対読めません。
  • 石垣島の人はジェネリック医薬品に関してとても寛容。「安い=粗悪品」というイメージがあるのか先発品を希望するのは内地(特に東京や横浜)から来た観光客です。地域の考え方の差があって興味深い。(30代男性)
  • 食生活や生活環境が異なるせいか、ふくよかな人が多い気がします。日差しが強いのはわかりますが、わずか30m程度の距離に車で移動するのはどうかと思う。健康意識を高く保たないといけないと感じました。(30代女性)
  • 患者さんだけではありませんが、車がないと暮らしていけない車社会ゆえに、運転が下手な人が多い気がします。
  • 患者さんではなく石垣島の印象ですが、台湾からの定期客船、香港からの格安直行便があるため中華系の観光客が多いです。うるさいことも多いですが、特にマナーが悪いとは今の所感じていません。(30代男性)

離島薬剤師の年収・待遇など in 石垣島

石垣島 薬剤師3

て、気になる石垣島の薬剤師求人件数や給与面ですが、他の同規模の離島と比較して薬剤師求人件数は同等ですが、給与は極端に高いとは言えません。

その理由は、単純にお金で買えない魅力が石垣島にはたくさんあるため、高額な給料を払わなくてもそこそこ薬剤師が集まるためとも考えられます。もちろん都会の便利な地域と比較すると、給与水準は非常に高めに設定されています。

経験や人柄、そしてその薬局の忙しさ、売り上げ、特に営業時間にもよって変化しますが、30〜40歳程度の一般薬剤師でおよそ年棒500万〜600万円程度(残業代別途支給)。管理薬剤師はそれに加え100万円程の手当てがつくことが多いようです。

この金額はもちろん交渉次第で、なかには、月平均勤務時間160時間未満かつ年間休日日数126日で年収800万円を超えていたという薬剤師の方(30代前半)もいらっしゃいました。仕事もプライベートも非常に充実して過ごせそうですね。

住宅手当や車のガソリン代その他福利厚生に関しても薬局や経営会社によりけりで、福利厚生の一環としてスキューバダイビングのダイブ料金を無料とするなどユニークな制度をもつ薬局もいくつか存在します

薬剤師求人サイト15 社を対象に、石垣島の医療機関(病院・薬局)における薬剤師の募集を検索したところ、いくつかの薬局で募集がありましたが、求人の掲載があるものの、実際には募集が終わっている薬局(企業)もありました。(H29.9.30 時点 離島薬剤師どっとこむ 調べ)

インターネット上のサイトには、既に募集が終わっているものや、人材は欲しいが特定の人材紹介会社もしくは地元の求人紙にしか求人を出していない医療機関もあります。また、非公開求人といい、求人サイト上に掲載されていない求人も多くあります。

したがって、離島を対象に薬剤師の求人を探すのであれば、優良な薬剤師転職支援サービスのキャリアコンサルタントから情報を得ることが大切です。

▶︎ 石垣島で好条件で働くためには

▶︎ 離島薬剤師どっとこむが選ぶ「薬剤師紹介会社」